内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.326

軒天井ボード施工仕様図12通気見切り材使用納まり例商品名紙コロナマスカー紙テープ付コロナマスカーロールマスキング株式会社 ハンディ・クラウン好川産業株式会社株式会社 アサヒペン販売元補修モルタルとの取り合いについて(壁側)(軒先側)※積雪地域でご使用いただく場合の 軒先側切断木口は、必ず 木口用シーラーまたは補修 塗料を塗布して下さい。(壁側)(軒先側)※積雪地域でご使用いただく場合の 軒先側切断木口は、必ず 木口用シーラーまたは補修 塗料を塗布して下さい。1)出隅部2)入隅部図11出入隅部の補修例●現地塗装については385ページをご参照下さい。●モルタル仕様の場合は、軒天井ボードとの取り合い部に軒天 見切を使用して下さい。軒天見切通気見切り材縦胴縁縦胴縁サイディングサイディング軒天井ボード軒天井ボード破風板破風板通気見切り材モルタル外壁ラスシート軒天井ボード推奨マスカー軒天井ボードと外壁の取リ合い部から換気を行う場合の納まり小屋裏に換気口(吸排気両用)を設ける場合の納まり軒天井ボードの保護について●釘頭が著しく目立つ部分等、やむを得ず補修が必要な場合は、専用の補修塗料を使用して下さい。●軒天井ボードの切断木口の面取り部は、必ず補修塗料を十分に塗布して下さい。●補修塗料は十分に撹拌し、残材に試し塗りしてから、ご使用下さい。 ※容器の中に撹拌用ボールが入っています。使用前に底にたまった固まりがなくなるまで、十分に(30秒以上)振って撹拌してからご使用下さい。撹拌が不足すると色違いの原因になります。●補修の当日が降雨・降雪の場合、塗装しないで下さい。また、前日が降雨・降雪直後等で基材表面が濡れている場合も避けて下さい。●外気の温度が5°C以上の時に塗装を行って下さい。製造より一年以上経過した補修塗料は変色等の恐れがあるので使用しないで下さい。※1度開栓した補修塗料の再利用は色違いの原因になりますので避けて下さい。外壁を現地塗装する場合などで、軒天井ボードを保護するときに使用するマスカーは、下記の推奨マスカーをご使用下さい。ガムテープのように粘着力の強いテープは使用しないで下さい。マスカーを貼る面にホコリ、油分、水分が付着していないか確認し、付着がある場合は良く拭き取ってからご使用下さい。必要以上に長期養生はしないで下さい。マスキングテープを放置して熱が加わると、粘着剤が軟化して塗膜を侵し、剥がす場合に塗膜剥離しやすくなりますのでご注意下さい。塗装終了後、速やかにマスキングテープを剥がして下さい。塗膜が乾燥するとマスキングテープが剥がれ難くなります。マスキングテープを剥がす際に、テープが破れる恐れがありますので、ゆっくり引き剥がすようにして下さい。軒裏に換気口を設ける場合は、有孔板を使用して下さい。※換気量が不足する場合は、別途通気部材を使用して補って下さい。有孔板を使用できない地域では、通気見切縁をご使用下さい。外壁通気層の換気を行う場合は、通気見切り材を使用して下さい。※通気見切り材を使用した換気は、小屋裏換気量に含まれません。※自治体によっては通気見切り材からの火炎の侵入を問題とす る場合がありますので、各自治体の建築主事様にお問い合わ せ下さい。※いずれも、マスキングテープの部分が白い紙テープです。 上記該当商品が見つからない場合は、マスキングテープが白い紙テープになっている内装用のマスカーを同等品としてご利用下さい。〈防火、45分準耐火構造にはなりません〉1)水平軒天井納まり図1)勾配軒天井納まり図設計施工資料326


<< | < | > | >>