内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.297

出隅部C形鋼追加入隅部下地添え胴縁(C形鋼)追加両面防水テープでくっつける。「重ね張り」の場合は、150MM以上重ね、出隅部では「通し張り」も可。90MM以上606MM以下150MM以上100MM以上50MM以上20MM以上胴縁として厚さ1.6∼2.3MMのC形鋼を使用して下さい。(3.2MM以上のものを使用すると、ねじの留め付けに手間がかかり、施工精度にも影響します。)C形鋼は断面寸法が100×50×20MM以上のものを使用して下さい。鉛直荷重を負担する構造部材のC形鋼の厚さは、2.3MMとして下さい。C形鋼のピッチは606MM以下にして下さい。サイディングの左右接合部の胴縁は、C形鋼2本を組み合せるか、もしくは角パイプを使用して留め付け金具が確実に固定できるようにして下さい。出隅部・入隅部には留め付け金具が安定して固定できるようにC形鋼を追加して下さい。開口部左右の胴縁は留め付け金具が安定して固定できるようにC形鋼2本で組んで下さい。鉄骨横張り通気金具防水紙設置状態図胴縁のサイズ胴縁の組み方鉄骨下地施工仕様(横張り通気金具工法)防水紙左右重なり代150MM以上左右重なり部は必ず胴縁があるところとする。「通し張り」せず、必ず「重ね張り」下地添え胴縁の幅以上重ね両面防水テープでくっつける。防水紙上下重なり代90MM以上水切の上に防水テープを貼ってから、さらにその上に防水紙を張る。(ロングスターターを使用する場合は防水テープ不要)サイディング左右接合部はC形鋼を2本設置するか角パイプを使用する。開口部左右の胴縁はダブルにする。C形鋼C形鋼C形鋼サッシ設計施工資料297


<< | < | > | >>