内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.296

胴縁またはスペーサー胴縁またはスペーサー防水紙通気構法用D金具6010MM程度※シーリング材木下地ハットジョイナーシーリング材ハットジョイナー10MM程度※防水紙スペーサー(L=65MM) リングネイル30MM以上※1時間準耐火構造とする場合は10MM以下ハットジョイナーシーリング材10MM程度※10MM程度※通気構法用D金具60※1時間準耐火構造とする場合は10MM以下※1時間準耐火構造とする場合は10MM以下片ハットジョイナーD金具60通気構法用補助桟シーリング材10MM程度※捨て入隅(BSBD001)ステンレスビス35(BSBD001)ステンレスビス35(BSBD001)ステンレスビス35目地幅は10MM程度、目地深さは5MM以上とし、シーリング工事を行って下さい。サイディングの横ズレを防止するために必ずハットジョイナーを使用して下さい。ハットジョイナーは釘またはねじで、1Mピッチで留め付けて下さい。防水紙は「通し張り」せず、必ず「重ね張り」して下さい。重なり代は左右両側の柱(間柱)までとして下さい。(耐力面材がある場合は150MM以上)柱に補助桟を取り付け、留め付け金具を固定する下地を確保して下さい。サイディングの横ズレを防止するために必ず片ハットジョイナーを使用して下さい。片ハットジョイナーは釘またはねじで、1Mピッチで留め付けて下さい。防水紙は、必ず見切部以上、敷桁の高さまで立ち上げて下さい。防水の面から、原則としてサイディングを先に施工して下さい。軒天井ボードを先に施工する場合は、サイディングを軒天見切に差し込んで施工するか、軒天井ボードとの接合部をシーリング工事して下さい。通気は軒裏または小屋裏に逃がすか、通気のできる軒天見切を使用して下さい。防水紙は「通し張り」も可。「重ね張り」の場合は、左右両側とも柱の幅程度重ねて張って下さい。シーリング材のみでの施工は行わないで下さい。同質短尺出隅、長尺出隅の釘打ち箇所は、必ず先孔Φ3.5MMをあけた後、L=65MMの釘を用いて留め付けて下さい。サイディングの横ズレを防止するために必ずハットジョイナーを使用して下さい。ハットジョイナーは釘またはねじで、1Mピッチで留め付けて下さい。木造横張り通気金具接合部入隅部軒天井部出隅部※自治体によっては通気軒天見切からの火炎の侵入を問題とする 場合がありますので、各自治体の建築主事様にお問い合わせ下 さい。防水紙「重ね張り」の場合は、左右両側とも柱の幅程度重ねる防水紙2重張り「通し張り」せず、必ず「重ね張り」重なり代は左右両側の柱(間柱)まで(耐力面材がある場合は150MM以上)シーリング材シーリング材軒天見切サイディング施工先行軒天井ボード施工先行(軒天見切使用)軒天井ボード施工先行(シーリング処理例)軒天井ボード軒天井ボード軒天井ボード※バックアップ材リングネイル(L=65MM)リングネイル(L=65MM)リングネイル(L=65MM)サイディングサイディングサイディング胴縁またはスペーサー防水紙防水紙防水紙15MM15MM15MM※防火構造以上は、捨てジョイナーを使用して下さい。設計施工資料296


<< | < | > | >>