内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.275

防水紙の張り方耐力面材がない場合防水紙左右重なり代柱(間柱)・間柱間防水紙上下重なり代90MM以上防水紙上下重なり代  90MM以上水切の上に防水テープを貼ってから、さらにその上に防水紙を張る。入隅部補助桟追加入隅部では「通し張り」せず、必ず「重ね張り」する重なり代は左右両側の柱(間柱)までとして下さい。防水紙左右重なり代150MM以上入隅部補助桟追加入隅部では「通し張り」せず、必ず「重ね張り」する重なり代は150MM以上出隅部では「通し張り」も可「重ね張り」の場合は、左右両側とも柱の幅程度重ねる出隅部では「通し張り」も可「重ね張り」の場合は、左右両側とも柱の幅程度重ねる耐力面材がある場合90MM以上90MM以上サイディングの横目地部・釘打ち箇所には完全な防水能力はありません。従って必ず防水紙を使用し、万一サイディングの裏面に漏水・結露等が生じても、室内側に回らないようにして下さい。防水紙は弊社純正または、NYG協会推奨品を使用して下さい。(透湿し難いプラスチック系フィルムは内部結露を起こし易いので使用しないで下さい。)張り方は横張りを原則とし、下から張り上げて下さい。弊社のマークが印刷された面を外側に向けて張って下さい。上下の重なり代は90MM以上、左右の重なり代は耐力面材がない場合、柱(間柱)・柱(間柱)の間隔(左右の重なり部は必ず柱・間柱があるところに留める。)とし、耐力面材がある場合、150MM以上として下さい。(ただし、耐力面材の縦目地部と重ねないで下さい。)防水紙を使用しなかった場合、また使用方法を誤った場合は雨漏りの原因となります。開口部周辺等は特に注意して下さい。サイディングの裏面と防水紙を接触させないで下さい。(接触すると通気層が確保されず、結露の原因になります。)出隅部では「通し張り」も可。「重ね張り」を行う場合は、左右両側とも柱の幅程度重ねて下さい。入隅部では「通し張り」せず、必ず「重ね張り」して下さい。重なり代は耐力面材がある場合150MM以上とし、耐力面材がない場合両隣の柱(間柱)があるところまでとして下さい。土台水切、屋根の雨押さえ水切部位では防水紙を水切の上にかぶせて下さい。(水切の立ち上がり下端から15MM程度の位置)防水紙の下端部が縦胴縁のみになる場合は、風による防水紙のバタツキ防止のため両面防水テープを水切の上に貼り、さらにその上に防水紙を重ねて下さい。(ロングスターターや横胴縁で防水紙を押さえる場合は防水テープは不要です。)両面防水テープは、弊社純正または、NYG協会推奨品を使用して下さい。防水紙は、両面防水テープにしっかり押さえて貼り付けて下さい。防水紙が破れた場合は雨水などが入り込まないように防水テープを貼って破れた箇所を塞ぐか、防水紙を重ね張りするか、張り直すなどして補修して下さい。軒天井取り合い部の防水紙は、小屋裏の通気に支障がないところ(たる木下端など)まで張り上げて下さい。防水紙上端部は、ばたつかないように桁等に留め付けて下さい。防水テープ防水紙の損傷防水紙防水紙の損傷90MM以上150MM以上150MM以上設計施工資料275


<< | < | > | >>