内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.274

①土台水切を水平に取り付けて下さい。②一般的な板金水切の継目は、重ね代を30MM以上として下さい。土間など床が土台より低い場合は、土台水切の重ね目からの雨水の浸入を防止するため、図の位置に捨てシーリング材を施して下さい。切り取る重ね目捨てシーリング材※出隅加工防水紙サイディング外壁側に施工した面材に現場発泡断熱材を吹き付け入隅加工※その他、金属役物の接合部にも必ず捨てシーリングを行って下さい。袋加工(八千代折)切り取る30以上土台水切の加工事例防水紙サイディング防水紙に直接、発泡断熱材を吹き付け共通施工資料土台水切の取り付け防水紙裏面からのウレタン等現場発泡断熱材の直吹き施工について切り落とし部切り込み部折り曲げ部望ましい施工例望ましくない施工例透湿防水シート裏面に直接現場発泡断熱材を吹き付けると、防水紙の性能・品質に影響を及ぼす恐れや、外壁通気構法の通気を阻害する恐れがありますので、面材等を使用して、直接吹き付けないで下さい。現場発泡断熱材の直吹き工法を採用ご検討の場合は、「当該断熱材メーカー」ならびに「当該工事店」に直吹き施工の採用可否、および施工方法の妥当性について、十分ご確認下さい。ウレタン等現場発泡材を防水紙に直接吹き付けると、外壁材裏面と防水紙の間の通気経路が遮断されることがあります。15MM以上通気層が確保できている。通気層が遮断されている。設計施工資料274


<< | < | > | >>