• 神島化学工業とは
  • 研究開発
  • 建 材
  • 化成品
  • セラミックス
  • 会社案内
  • 株主投資家の皆様へ

不燃外壁材 ラムダ

工法について

ラムダ断熱シリーズ

ラムダは快適な居住空間の提供のため省エネルギーと高耐久性をテーマに「ラムダ断熱シリーズ」を推進します。
建物は多くの断熱材と断熱構法があり、特長も様々です。ラムダはその中から省エネルギーと安全性に多様性を加えて、それぞれの建築に合った構法を展開しています。

RC造外断熱構法

通気構法 非通気構法

S造・W造外張断熱構法

通気構法 非通気構法

外断熱構法「L.L.B」の各工法

外断熱構法では通気層を必要としない構法があります。LICボードを使った外断熱構法などがその例です。
また、通気層が必要な部分と非通気構法を組合せることで工期短縮と費用削減が可能です。断熱材LICに直接モルタルを塗布し、リシンやタイルなどさまざまな仕上げができますので幅広い意匠設計が可能です。
外断熱構法 L.L.Bは通気層の有無や位置、断熱材の取付法など、お施主様と設計者の自由度を限りなく尊重しました。

L.L.B 概要図
通気構法
アジャスターブラケット工法
新築改修
断熱性能(断熱材の厚み)によって持出し寸法が3種類あるアジャスターブラケットを躯体に取付け不陸を調整し胴縁を付け通気層を確保する構法です。無機繊維系断熱材に適した方法です。
アジャスターブラケット施工フロー
アジャスターブラケット工法図
通気構法
ラムダパイプサポート工法
新築改修
止金具をパイプでサポートしラムダを張る方法です。断熱材と建物の不陸程度からサポートするパイプを選択しラムダ止金具の位置に取付け共にビス止めします。パイプサポートの持出し長さが長く外壁にタイルなど重量物仕上げをすると支持できなくなりますのでご計画いただくときは弊社営業所にご相談ください。
ラムダパイプサポート工法図