ラムダ製品一覧ver.181

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.7

ラムダは火に強い。ラムダは建築基準法に基づいた防・耐火認定を取得しています。不燃材料認定を取得しています。個別の耐火認定を取得しています。緻密で吸水性の低い基材であり、本実仕様品はロックウール工業会認定に対応可能です。ラムダは雨に強い。ラムダは外壁で止水する一次防水ラインを強化する考え方で設計開発をしています。ラムダはクサビ形状設計とフォームメルト止水材を組み合わせた独自の止水構造で設計されています。これらの開発には実際の台風時の条件を再現した評価試験(1㎡あたり毎分4ℓの水を散水)を繰り返し、十分な止水効果を確認しています。4im/nℓラムダは地震に強い。ラムダは0.8㎜の高耐食溶融めっき鋼板を絞り加工した高強度の取付金物と専用取付ビスで、ラムダの実を受け上下の揺れに対応。横揺れには、取付金物とラムダ本体が横に滑るスライド工法で対応しています。2007年7月16日にマグニチュード6.8を記録した新潟県中越沖地震でも、圧倒的な耐震力を実証しました。(写真・色の薄い壁面がラムダで全く損傷を受けていないことがわかります)。M6.8M6.8層間変位地震の多い国日本では建物の耐震性は重要な問題です。特に最近は、北海道東方沖地震、兵庫県南部地震(阪神大震災)、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を契機に、一般の人々の耐震に対する関心は更に強くなりました。新耐震基準では振動による建物の変形に追随する性能である層間変形角の制限を1/120と定めていますが、ラムダは(財)建材試験センターでおこなった非耐力壁の変形能試験、振動試験結果でも十分クリアする性能を有することが認められました。ラムダ7


<< | < | > | >>