ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.91

ラムダタイル張り工法ラムダタイル張り工法には、乾式タイル下地板工法ラムダブリック3システムがあり建物高さ、意匠、用途にあわせてお選びいただけます。  乾式タイル下地板工法ラムダブリック1メタルハンギングシステム「ラムダブリックMシステム」3コンフォートシステム「ラムダブリックCシステム」タイルをハンギングするステンレスレールを工場でセットしたベースパネルに、レンガタイルを固定するメタルハンギングシステムです。厚さ26㎜のラムダワイドとラムダ15シリーズ厚さ15㎜のベースパネルに、自由にレンガタイルなどを乾式接着工法で張りつけるシステムです。LAMBDATILESERIESラムダタイルシリーズ第1編ラムダブリック92第1章ラムダブリック各システムの共通事項93第2章ラムダブリックMシステム94第3章ラムダブリックCシステム103メタルハンギングシステム(ラムダブリックMシステム)コンフォートシステム(ラムダブリックCシステム)適用タイル目地付タイプ(化粧目地)目地無タイプ(眠り目地)磁器質系せっ器質系せっ器質系乾式タイル下地板工法<ラムダブリック>現場タイル張り(メタルレール引っ掛け+弾性接着剤固定)現場タイル弾性接着剤張り912


<< | < | > | >>