ラムダ設計施工説明書ver.181

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.89

ラムダ裏止め工法名称断面形状定尺寸法材質使用ビス適用銘柄ワイドチャンネル受金具(ワイド用)1.6t2,950ℓ12H×14W亜鉛鋼板SD20ビスラムダワイドPチャンネル受金具20P-Y用1t1,450ℓ8.5H×8W亜鉛鋼板ラムダ金具止ビスラムダ20ヨコP-Y注:ラムダストライプ27Pに適用する受金具はありません。(2)施工の要点①金具挿入の中空部、センターに墨出しをしておきます。②チャンネル受金具を中空部に挿入します。③止金具裏止工法用をラムダおよび下地に止め付けます。⑤この工法ではトーシツくん(透湿防水シート)を使用することができません。⑥ジョイント目地の目地シーリングはラムダ一段張りごとに施工してください。2④浮かし張りにする場合は、硬質ゴムスペーサーを胴縁とラムダの間に入れてください。スンビャチ具金受ルネ)スス2ビ0ビDS止は具ド金イワ(チャンネル受金具4040062.3t8910シーリング金具止ビス金具止ビス5mm厚硬質ゴムスペーサージョイント部一般部


<< | < | > | >>