ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.88

品名規格形状ラムダ裏止め工法木下地基礎部2ラムダヨコ張り止金具裏止め工法(1)一般事項止金具L①主に張り仕舞、サッシ下、サッシ上などの止金具2号タイプが使用できない場合に使用します。②一ヶ所あたりの保持力が大きいのが特長です。 《637N/ヶ所(65KGF/ヶ所)、ビス止めと同等》③鋼製のチャンネル受金具を中空部に挿入し裏側より止金具Lを介し金具止ビス(ワイドはSD20ビス)で胴縁に止め付けます。チャンネル受金具とラムダ銘柄との組合せを次表に示します。中空部の形状によっては全ての中空部に挿入できない場合もありますが、いずれかの中空部に入るようなっております。止金具裏止工法用(SPCC溶融亜鉛めっき処理)2.3T×40H×40W×60ℓ許容保持力N/ヶ所(KGF/ケ所)負圧使用ビス、釘類下 地建物高さ限界Mラムダ金具止ビス(ワイドはSD20ビス)ビスチャンネル受金具2.3T404060金具止ビス(ワイドはSD20ビス)鉄骨下地(厚さ2.3㎜以上)木ネジ(木下地)木下地(厚さ18㎜以上)637(65)20シリーズ・ワイドは20M梁部範囲のラムダ止め付け方法裏側からは止めつけにくい範囲C-100×50×20×2.3フックボルトフェルトワッシャー付(客先手配)フックボルトフェルトワッシャー付(客先手配)梁金具止ビス金具止ビス腰掛付水切アルミ3号アングルピース(客先手配)アングルピース(客先手配)882腰掛付水切アルミ3号


<< | < | > | >>