ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.83

ラムダ通気構法①防湿フィルム 寒冷地における通気構法では室内側に防湿フィルム(室内で発生した水蒸気の壁内への浸入防止)を使用すると内部結露防止に有効です。 接合部は重ね合わせて厳重に目張りし、特に配線部の気密確保に注意してください。②透湿防水シート ラムダ施工には二次防水機能と透湿機能をもった「トーシツくん」を使用してください。③通気空間の確保※1 鉄骨下地の場合は、10㎜の浮かし金具(止金具4号タイプ)以上を使用してください。ワイドの場合は、W止金具に5㎜の硬質ゴムスペーサーを併用してください。木下地の場合は、厚さ18㎜以上の付胴縁または15㎜浮かし金具としてください。(2)通気構法の基本壁構成鉄骨下地のラムダ止め付け木下地のラムダ止め付けラムダ18シリーズ止金具L18-5号ラムダ20シリーズ止金具20-4号、20-4号SワイドW止金具+5㎜厚硬質ゴムスペーサーラムダブリック10㎜厚ゴムランナー使用によるビス止※2④通気の吸排気口の確保 通気構法においては、通気層内の空気が十分に流れるように吸気口と排気口を適切に設けることが必要です。 また透湿防水シートの「たるみ」や断熱材の「せり出し」で通気が阻害されないよう注意が必要です。※1:住宅瑕疵担保責任保険の適用を受ける場合は必ず上記により通気空間を確保してください。※2:CシステムのワイドのみW止金具+5㎜厚硬質ゴムスペーサー可※3:構造用面材がある場合、通気層は12㎜以上とし柱、間柱に止め付けてください。鉄骨下地木下地排出小屋裏水切外気防湿フィルム断熱材内装材トーシツくん(透湿防水シート)通気層ラムダ小屋裏からの湿気などの排出軒天井(軒裏)有孔板からの湿気などの排出排気有孔板トーシツくん(透湿防水シート)水切外気通気層ラムダ防湿フィルム断熱材内装材通気層トーシツくん(透湿防水シート)ラムダ断熱材水切ラムダ通気層間柱断熱材トーシツくん(透湿防水シート)透湿防水シートのたるみ断熱材のせり出しのないこと止金具L18-5号または付胴縁18㎜以上(付胴縁での止金具使用は支障ありません)※3胴縁芯止金具L18-5号金具止ビス内装材②トーシツくん(透湿防水シート)③通気層①防湿フィルム50155018ラムダ<ラムダL18-ヨコ>胴縁芯内装材木ネジ止金具L18-3号②トーシツくん(透湿防水シート)③通気層①防湿フィルム181855050ラムダ<ラムダL18-ヨコ>付胴縁832


<< | < | > | >>