ラムダ設計施工説明書ver.181

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.65

第2編設計施工5-3-3二次防水ハットジョイナーヨコ張りジョイント目地補強工法1ラムダをヨコ張りした板間の目地処理として、発泡シール材での止水やハットジョイナーの浸入防止機能を強化した方法があります。しかし、ラムダのヨコ張りの板間止水は適切なバックアップ材とプライマーを使った不定形シールが基本です。二次防水ハットジョイナーⅡパネル同士の嵌合に定形シールがあり、シールが劣化しラムダ裏面に浸入した水の防水策として、トーシツくん(透湿防水シート)と防水テープは必ず正しくお使いください。ジョイント部2C-100×50×20×2.3出隅部トーシツくん(透湿防水シート)ジョイント部二次防水ハットジョイナーⅡジョイント部用トーシツくん(透湿防水シート)出隅部トーシツくん(透湿防水シート)二次防水ハットジョイナーⅡ出隅部用発泡シール材防水テープ両面粘着タイプラムダラムダシーリング材発泡シール材ラムダラムダ出隅共材シーリング材ハット部シーリング処理ジョイント部二次防水ハットジョイナーⅡジョイント部用トーシツくん(透湿防水シート)二次防水Uシール嵌合部用の取付不定形シールのシール機能がなくなった場合、定形シールと発泡シール材の間から浸水します。これを防ぐため定形シールと発泡シールを結ぶのがUシールです。板の施工毎に発泡シールの部分にUシールをラムダオス実に貼付けて使います。ざねバックアップ材発泡シール材基礎部水切オス実Uシール貼付け位置ラムダラムダ適用鉄骨下地のラムダ止め付けラムダ18シリーズ止金具L18-3号(5㎜浮かし)ラムダ20シリーズ止金具20-3号(5㎜浮かし)ラムダワイドW止金具(5㎜浮かし)オス実Uシール定形シール材発泡シール材1220Uシール片面粘着剤付1.6t材質:塩化ビニール8倍発泡65


<< | < | > | >>