ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.54

第2編設計施工①外階段サポートなど鉄骨梁が外部に露出している場合、鉄骨が冷却され冷橋により室内部分で結露を生じますので、十分な断熱被覆をおこなってください。②軒の出不足は、つららが外壁に付着し融雪水が絶えず壁面を濡らし凍害を起こします。軒の出は455㎜以上としてください。③傾斜のある外壁は、日射の条件が厳しく、また凍害を起こしやすいので禁止します。3-1-9その他傾斜のある外壁には使用しないでください。禁止⑤設備機器の取付け 設備機器などの取付けは下地に補強材をあらかじめ施工し、その補強材に取付けてください。⑥現在ラムダは止金具による浮かし張り工法が主流です、取り付け物をパネルを介して締め付けるとパネルを過大にたわませ、パネルの破損につながります。パネルと下地の空間にスペーサーを挿入してください。⑦庇などの後付部材取付けは必ず下地を設けその下地に直接取付け、全周にわたって15㎜のシール幅を確保してください。ラムダへの直止めは禁止です。(1)一般事項①ラムダの防水は嵌合部は定形シール材、小口ジョイント部は不定形シール材(シーリング工事)によって性能を発揮させています。しかしながら、住宅瑕疵担保履行法により、新築住宅では通気用下地の下に「防水シート」(透湿防水シート「トーシツくん」)の使用を標準としております。万一のシール切れによる事故の予防策として、二次防水の意味合いで防水シート施工を標準としております。②ト-シツくんはポリエチレン系の多孔質素材で水蒸気を通過させ、水滴の通過を妨げる機能を持ったシート材料です。③トーシツくんは大きな引裂強度を有し、軽く丈夫な素材です。万一傷ついても補強材が傷の広がりを防止します。3-2透湿防水シート(トーシツくん)必ず下地に取付ける15C-100×50×20×2.315ラムダラムダへの直止めは禁止ラムダC-100×50×20×2.3541


<< | < | > | >>