ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.49

各部納まり3-1各部の納め方(1)ヨコ張り通し目地①必ず通し目地にしてください。乱張りの場合ジョイント部のシール施工が不十分になりやすく漏水の恐れがあります。②ジョイント目地には、ラムダの銘柄に合わせたハット ジョイナーまたはバックアップ材を小口部にはさみ、 その上からシーリングを施します。ラムダ役物のハットジョイナー、バックアップ18などはラムダを張る過程で取付ける必要があります。③ジョイント目地の目地シーリング寸法は幅10㎜を確保して専用のハットジョイナーまたはバックアップを使用してシーリングしてください。(2)タテ張り段継ぎ部①タテ張りの段継ぎ部は、水切を使用してください。 通常水切アルミ5号と発泡シール材を使用します。(納まり図P.174を参照してください。)②木造の場合で水切を使用せず、シーリング材を使用したジョイント納まりとした場合、目地幅は10㎜を確保し、必ずトーシツくん(透湿防水シート)を使用してください。(3)出隅部納め①出隅部は出隅共材もしくは金属製出隅役物を使用して納めてください。ラムダを45°に切断して突き付けシーリングで納める方法は避けてください。直交する二面の挙動の吸収ができずにシーリングが切れてしまうことがあり、漏水につながります。②出隅角度が90°以外の場合通常の共材が使用できません。その場合金属の役物を形状に合わせて加工し、使用してください。また特殊な形状の共材を検討される場合は弊社営業所へご相談ください。③ラムダを突き付けて納め、金属コーナー材でカバーする方法は避けてください。二面の挙動吸収ができず漏水につながります。④ヨコ張りの出隅部にタテ用の出隅共材を使って納めてもかまいません。シーリング施工を入念におこなうようにしてください。(4)入隅部納め①入隅部は入隅共材もしくは金属製入隅役物を使用して納めてください。ヨコ張りでの入隅部はラムダを突き付けてシーリングで納める方法は避けてください。タテシールと嵌合部シール(定形シーリング)との接着ができなくなり、漏水につながる恐れがあります。②タテ張りの場合はシーリング個所に嵌合部が来ないので、突き付け納めでも問題ありません。3-1-1小口ジョイント目地第3章入隅共材(透湿シ-ト)ト-シツくん役物ラムダラムダラムダラムダ(透湿シ-ト)ト-シツくんシ-リングシ-リング(透湿シ-ト)ト-シツくんシ-リング491


<< | < | > | >>