ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.42

第2編設計施工(2)墨出し・水切取付け①基準墨よりラムダ下端に空間が10㎜とれるように水切の上端位置を水平に墨打し、元請様の承認を受けた後に水切を取付けてください。 下図のように水切アルミ2号とスターター5㎜を使用した場合、水切上端位置は、ラムダ下端より60㎜上になります。②水切の出隅部,入隅部は専用の「水切出隅」「水切入隅」を使用してください。③水切のジョイント部分には、同梱のジョイントピースを裏当てし、必ず捨てシールをしてください。(4)役物の取付け(出隅・入隅)①ヨコ出隅共材・入隅共材 止金具またはビス止め(浮し張りの場合硬質ゴムスペーサー併用)で働き幅を確保して2辺を止め付けてください。②タテ出隅共材 タテ出隅共材はビス止めしてください。(P.173)③金属出隅(アルミ,亜鉛鉄板など)・金属入隅(アルミなど) ビス止めとし、ジョイント部はジョイントピースを裏当てして捨てシーリングの上、取付けてください。④W止金具出隅専用 ワイドの出隅は専用の「W止金具出隅専用」を使用してください。(3)割付け墨出し①取付けた水切を基準としてトーシツくんの上にラムダ割付け墨出しをします。②ヨコ張りの場合、最下段のオス実上端部の位置に墨打ちし、以後ラムダの働き幅毎に墨打ちしてください。③タテ張りの場合、出隅材に隣接するラムダに幅カット品を使いその墨打ちをおこないます。以後働き幅毎に墨打ちしてください。④ラムダ割付け寸法  ラムダ18シリーズ働き幅303㎜パネル全幅316.5㎜ ラムダ20シリーズ働き幅303㎜パネル全幅319㎜ ラムダ20ヨコ-300働き幅300㎜パネル全幅315㎜ ラムダワイド働き幅600㎜パネル全幅613㎜水切アルミ2号シーリング処理(水切と裏板の間)ジョイントピース水切アルミ2号5050100[ラムダ20][ラムダ18]水切アルミ2号スターター18-3号40.560102032墨位置墨位置墨位置墨位置3191030330330316スターター18-3号40.52201013.5働き幅303316.5水切アルミ2号421


<< | < | > | >>