ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.23

第1編ラムダの物性と諸性能破損状況変形段階(回目)水平方向変位S(㎜)層間変形角R(RAD)ラムダ15タテSラムダ15ヨコSラムダ20ヨコ123456789正方向加力8.5負方向加力-8.511.3-11.317.0-17.0-22.722.728.3-28.334.0-34.045.3-45.356.7-56.768.0-68.040014001300130012001200115011501120110011001751751601601501501異常なし異 常 な し左記の他に異常なし異 常 な し左記の他に異常なし左記の他に異常なし■水密試験結果止付方法ビス止金具止結果漏水なし漏水なし試験体15ヨコ、20ヨコ、ラムダL18-ヨコ15ヨコ、20ヨコ、ラムダL18-ヨコ、ワイド脈動平均圧力PA(KGF/㎡)2000(204)2000(204)試験方法はJISA1414による。※目地用シーリング材が1ヶ所破断するが、パネル本体に異常なし※目地用シーリング材が1ヶ所破断するが、パネル本体に異常なし※※※※※※強制変形上水平フレームの強制変形上水平フレームのヨコ張りタテ張り変形段階(回目)水平方向変位S(㎜)層間変形角R(RAD)変形能試験振動試験変形能試験振動試験123456789正方向加力7.0負方向加力-7.011.3-11.317.5-17.5-23.323.329.2-29.235.0-35.046.8-46.858.4-58.470.1-70.150015001300130012001200115011501120110011001751751601601501501異常なし異常なし異常なし異常なし上の表に示すとおりですが、測定の範囲内では、製品の破損、クラックなどの異常は観察されませんでした。本試験の結果にみられるように、1/120の層間変形角に対してラムダは問題がありません。少なくとも、この測定を行った1/50までの層間変形角に対しても、追随できる材料であることが実験的に確認されました。試験結果結  論上の表に示すとおりですが、測定の範囲内では、製品の破損、クラックなどの異常は観察されませんでした。本試験の結果にみられるように、1/120の層間変形角に対してラムダは問題がありません。少なくとも、この測定を行った1/50までの層間変形角に対しても、追随できる材料であることが実験的に確認されました。試験結果結  論※※※12011201■ラムダ15・ラムダ20■ラムダワイドラムダの嵌合部は定形弾性シーリング材付嵌合構造になっております。水密性を維持するためには、働き幅の確保が重要です。地震の多い国日本では建物の耐震性は重要な問題です。特に最近は、北海道東方沖地震、兵庫県南部地震(阪神大震災)、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を契機に、一般の人々の耐震に対する関心は更に強くなりました。新耐震基準では振動による建物の変形に追随する性能である層間変形角の制限を1/120と定めていますが、ラムダは(財)建材試験センターでおこなった非耐力壁の変形能試験、振動試験結果でも十分クリアする性能を有することが認められました。4-2層間変位4-3水密性能(試験機関:(財)建材試験センター)(試験機関:(財)建材試験センター)(試験機関:当社石岡工場)試験結果は代表値であり保証値ではありません。231


<< | < | > | >>