ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.21

第1編ラムダの物性と諸性能(3)止め付け方法①強化せっこうボードは、セルフドリリングビス皿頭4D×32ℓ(客先手配)で胴縁に止め付けます。止め付け位置が、ラムダの位置と重ならない位置を選びます。この止め付けは、ラムダを張るまでの仮止めですが、工事中の風圧を考え、各胴縁に2ヶ所以上止め付けるものとします。四方の継手部はT型ジョイナーを使用します。②ポリフィルム貼りグラスウールシート せっこうボード上に、スプレーのりまたはタッカーで止め付けます。 張り方はヨコ張りとし、下から張り上げ、重なりは、縦90㎜以上、横150㎜以上とします。 シートを横に継いだ場合などで厚みが問題になる 場合はポリフィルムとグラスウールシートとを剥し、 グラスウールシート一層が残るように切除してポリフィルム部を重ねてください。③ラムダ ラムダは、ビス止めによる密着張り、あるいは止金具による浮かし張りとします。浮かし張りは金具の保持力の範囲内で使用してください。(保持力についてはP.35を参照してください。) ビス止めの場合、ステンレスシーリングビス55(タッピングビス)を使用し、グラスウールシート、せっこうボードを貫通し、ラムダを含め一体化して胴縁に止め付けます。 金具止め浮かし張りの場合、止金具はセルフドリリング ビス丸頭4D×40ℓ(客先手配)でグラスウールシート、 せっこうボードを貫通させて、胴縁に止め付けます。 ワイドのビス止めでは、SUS410皿ビス5D×75ℓ (受注生産品)を使用して止め付けます。せっこうボードは水に弱く、カビの発生も考えられますので雨天時の養生には十分注意してください。注意3-4-2ロックウール吹き付け耐火構造認定(ロックウール工業会加盟各社) 耐火30分FP030NE-9304  20㎜T(施工管理基準25㎜T) 耐火1時間FP060NE-9305  30㎜T(施工管理基準35㎜T) (ともに吹付けロックウール嵩比重0.3以上)●本認定に係る認定書等のご請求はロックウール工業会加盟各社に行って ください。●本工法施工の場合、詳細についてはロックウール工業会、もしくは加盟 各社の資料を参照し、さらに設計事務所、元請を通じ地域の建築主事に 確認してください。●当工法は住宅瑕疵担保責任保険の適用外になりますのでご注意ください。121防水紙施工の場合直吹きの場合ラムダ下地材吹付けロックウール185下地材吹付けロックウールラムダ透湿防水シートケイカル板(不燃材NM-3543)81518


<< | < | > | >>