ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.20

第1編ラムダの物性と諸性能ラムダは、不燃材料、防火、および準耐火構造の認定を取得しておりますが、更に要求の多い耐火構造に関しては、ラムダ独自の他材との組合せによる完全な乾式工法、およびロックウール工業会加盟各社の認定(旧ロックウール工業会通則認定)とラムダの組合せによる湿式工法により対応しております。3-4-1組合せ耐火 1時間耐火構造ラムダと他材の組合せによる耐火構造、外壁(非耐力)耐火1時間の認定を取得しております。3-4耐火構造国土交通大臣認定 FP060NE-9234標準壁構造割り付け図ジョイント部納まり例ラムダ15㎜以上35㎜まで適用可注意下端納まり例(1)ラムダ以外の構成材料●強化せっこうボード(GB-F)‥‥‥‥‥‥21㎜NM-8615 (石膏ボード工業会) (参考:質量12.6∼18.9KG/㎡)●ポリフィルム貼グラスウールシート‥‥‥‥3㎜(ポリフィルム面をラムダ側にして施工してください。)●T型ジョイナー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥0.3㎜亜鉛鋼板(JISG3302)(2)組合せ耐火の設計・施工上の要点  組合せ耐火工法では、ラムダは横張りです。胴縁①胴縁間隔(止め付け間隔) 本工法認定の胴縁間隔は910㎜以下です。ラムダおよび強化せっこうボードの定尺品の両端が、止め付けられるように選定する必要があります。この場合に使用するラムダの定尺物は、2720㎜を想定しています。②胴縁材料 胴縁はC-100×50×20×2.3以上の材料を使用し、ラムダのジョイント部は強軸使いでダブルとします。(右図参照) (厚さ2.3であってもC-75×45×15×2.3は認定条件上使用できません。)●耐火認定の面からは、胴縁のCチャンネルに対する耐火被覆の必要はありません。被覆なしで両面からの加熱試験に合格しています。組合せ耐火工法はタテ張りでは使えません。また、本工法は外壁耐火構造にかかわるものですので、木下地には使えません。禁止組合せ耐火ジョイント部納まり図3C-100×50×20×2.3胴縁芯T型ジョイナー5050211518止金具L18-5号ハットジョイナー18-5シーリング材10ラムダ<ラムダL18-ヨコ>セルフドリリングビス 4D×40L(客先手配)強化せっこうボード(21㎜)ポリフィルム貼りグラスウールシート(3㎜)※ポリフィルム貼りグラスウールシート(3㎜)強化せっこうボード(21㎜)T型ジョイナーラムダ2C-100×50×20×2.3C-100×50×20×2.3ビス止め角パイプ□-100×100×2.3使用のビス止めは禁止とする金具止めT型ジョイナー強化せっこうボード(21㎜)ポリフィルム貼りグラスウールシート(3㎜)ラムダセルフドリリングビス 4D×40L(客先手配)201


<< | < | > | >>