ラムダ設計施工説明書ver.171

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.18

3-3-1準耐火構造一般知識①45分準耐火構造としなければならない建築物は防火地域で階数2以下、延べ面積100㎡以下、準防火地域で階数3以下、延べ面積1500㎡以下の場合が該当します。 A.これに適合する構造の一つを「イ準耐」といいます。  「イ準耐」の例はP.19の参考資料①図を参照して ください。  外壁構成としては3-3-2に示すような外壁材ラムダ  と内装材(せっこうボード15㎜以上もしくは12㎜  +9㎜重ね張り)の組合せになります。 B.もう一つは従来の簡易耐火建築物(イ簡耐、ロ簡 耐)の基準に相当する構造としたもので「ロ準耐」 といいます。  「ロ準耐」の例はP.19の参考資料②図を参照して ください。  外壁構成としては主要構造(柱梁など)と下地が 不燃(鉄骨)の場合、延焼のおそれのある部分に ついては防火構造でよいことになります。②1時間準耐火構造としなければならない建築物は防火地域・準防火地域以外の地域で、延べ面積3000㎡以下の「木造3階建て共同住宅」(通称:木三共)の場合が該当します。 外壁構成としては3-3-3に示すような外壁材ラムダと内装材(せっこうボード12㎜以上+12㎜以上重ね張り)の組合せになります。但し、「木造」といっても鉄骨下地も使えます。3-3-245分準耐火構造3-3-31時間準耐火構造3-3準耐火構造45分準耐火構造の仕様の具体例ラムダ強化せっこうボード12.5㎜以上ラムダせっこうボード12MM以上+9MM以上(重ね張り)またはせっこうボード 9㎜以上せっこうボード12㎜以上(屋内)(屋外)(屋内)(屋外)準耐火構造の屋内側被覆の条件については以下に示す例の他にも認められております(45分/1時間共通)。詳細についてはP.193∼を参照してください。1時間準耐火構造の仕様の具体例ラムダせっこうボード12MM以上 2枚重ね張りせっこうボード12㎜以上せっこうボード12㎜以上(屋内)(屋外)第1編ラムダの物性と諸性能①厚さが12㎜以上のせっこうボード(強化せっこうボードを含む。以下同じ)の上に厚さが12㎜以上のせっこうボードを張ったもの。②厚さが8㎜以上のスラグせっこう系セメント板の上に厚さが12㎜以上のせっこうボードを張ったもの。③厚さが16㎜以上の強化せっこうボードを張ったもの。④厚さが12㎜以上の強化せっこうボードの上に厚さが9㎜以上のせっこうボード又は難燃合板を張ったもの。⑤厚さが9㎜以上のせっこうボード又は難燃合板上に厚さが12㎜以上の強化せっこうボードを張ったもの。⑥厚さが15㎜以上のせっこうボード(強化せっこうボードを含む)を張ったもの。⑦厚さが12㎜以上のせっこうボードの上に厚さが9㎜以上のせっこうボード又は難燃合板を張ったもの。⑧厚さが9㎜以上のせっこうボード又は難燃合板上に厚さが12㎜以上のせっこうボードを張ったもの。⑨厚さが7㎜以上のせっこうボードラスボードの上に厚さ8㎜以上の石膏プラスターを塗ったもの。⑩厚さが12.5㎜以上の強化せっこうボードを張ったもの。45分準耐火構造分外壁①厚さが12㎜以上のせっこうボード(強化せっこうボードを含む。以下同じ)の上に厚さが12㎜以上のせっこうボードを張ったもの。②厚さが8㎜以上のスラグせっこう系セメント板の上に厚さが12㎜以上のせっこうボードを張ったもの。③厚さが16㎜以上の強化せっこうボードを張ったもの。④厚さが12㎜以上の強化せっこうボードの上に厚さが9㎜以上のせっこうボード又は難燃合板を張ったもの。⑤厚さが9㎜以上のせっこうボード又は難燃合板の上に厚さが12㎜以上の強化せっこうボードを張ったもの。1時間準耐火構造外壁45分準耐火構造(木造・鉄骨造)QF045BE-92261時間準耐火構造(木造・鉄骨造)QF060BE-9225181


<< | < | > | >>