ラムダ地下・屋上防水シリーズver.152

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.16

BASEMENTSERIES101025102525ステンレスシーリングビスM10ボルトナット(SUS)下地固定Lピース端部納まり図一般部納まり図ジョイント部納まり図10柱シーリング材(必要に応じて施工)バックアップ材(必要に応じて施工)端部納まり図(Lアングル納まりの場合)Lピ-スC-100×50×20×2.3又はC-75×45×15×2.3C-100×50×20×2.3又はC-75×45×15×2.3C-100×50×20×2.3又はC-75×45×15×2.3M10コンクリートアンカー(SUS)M10コンクリートアンカー(SUS)M10コンクリートアンカー(SUS)M10コンクリートアンカー(SUS)シーリング材(必要に応じて施工)バックアップ材(必要に応じて施工)シーリング材(必要に応じて施工)Bハットジョイナー(必要に応じて施工)ラムダL-50×50×2.3以上シーリング材(必要に応じて施工)シーリング材(必要に応じて施工)バックアップ材(必要に応じて施工)バックアップ材(必要に応じて施工)ステンレスシーリングビスシーリングについて通常は機能上シーリングは不要です。意匠上の必要性がある場合、躯体からの漏水があり堰を乗り越えて漏れ出す恐れがある場合、堰が逆勾配でラムダ裏面の結露水が堰より漏れ出す恐れがある場合あるいは地下特有の臭気が気になる場合にシーリングを適宜行ってください。堰が逆勾配の場合、躯体からの漏水、躯体表面、ラムダ裏面の結露水がラムダと堰の隙間から室内側に漏れ出す場合があります。よって堰は、排水溝側に弱勾配をとってください。100∼150アングルピース下地材BFL一般部断面図弱勾配堰ラムダラムダ100∼1500∼10(Cチャンネル納まりの場合)16


<< | < | > | >>