ラムダ地下・屋上防水シリーズver.152

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.2

ラムダ屋上防水立上がり保護工法の特長●施工の省力化、工期短縮を実現。中空形状・軽量パネルのラムダの採用と、専用のアルミ役物との組み合わせによる乾式工法。このため、左官業の手間が不要となり、熟練技術も必要とせず一業種での施工も可能です。能率の良い施工が可能となり、簡易施工と工期の短縮化が図れます。●優れた強度・耐久性を発揮。保護パネルに用いるラムダは、高温高圧養生されたセメント質の高強度パネルです。長期間使用にも、ひび割れ、剥離など経年劣化の心配もなく、高強度を保ち続けます。●メンテナンスも簡単。ラムダの保護パネルは、取り外しが可能ですから、防水層の定期点検や補修などが容易に行えます。●アスファルト防水層の蓄熱を防止。ラムダと防水層との間の空気層により蓄熱が押さえられ、防水層の温度上昇によるダレおよび劣化の防止効果が期待できます。意匠性も抜群。  シャープな目地ライン、シンプルで重厚感のある質感など、美観にも優れたラムダと、精度の高いアルミ笠木・役物との組み合わせにより、デザイン性に優れた空間が生まれます。ROOFSERIES2『ラムダ』の空間提案第1章ラムダ地下二重壁工法BASEMENTSERIES3第2章ラムダ屋上防水立上がり保護工法ROOFSERIES25


<< | < | > | >>