内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.379

イメージ色木目ライン<ご注意>補修塗料は、容器の中に撹拌用ボールが入っています。使用前に底にたまった固まりがなくなるまで、十分に(30秒以上)振って撹拌してからご使用下さい。攪拌が不足すると色違いの原因になります。●シーリング材での補修は絶対に行わないで下さい。(経時でシーリングの薄膜劣化により白化することがあります。)●塗料容器に表示の安全衛生上の注意をよく読んでからご使用下さい。●溶剤系の塗料の場合は、火気に十分ご注意下さい。●ねじ頭の補修は、補修用パテ(BHP‐007)処理後、タッチアップを行って下さい。タッチアップは、釘頭と同じ要領で行って下さい。④補修塗料の攪拌容器フタに付いている筆を使用して下さい。市販の筆の場合は、細筆(5MM程度)をご使用下さい。(太い筆を使用されますと補修部の目立ちの原因となります。)残材を利用し、試し塗りをして色確認を行って下さい。補修は必要最小限の面積に行って下さい。釘頭の補修の大きさは、釘頭がちょうど隠れる程度(目安6∼7MM)として下さい。(大きすぎる場合、補修部分が目立ちます。)塗料はタレない程度に薄く塗って下さい。(厚膜になると補修部が目立つ恐れがあります。)⑤補修部への塗装フタ用ラベルフタ筆釘頭6∼7MM注意注意(30秒以上)釘頭等の補修はセット内の『イメージ色』を使用して補修を行って下さい。『イメージ色』を大きく塗りすぎて、木目が薄れてしまった場合は、補修部を十分に乾燥させた後、『木目ライン色』を使って木目を再現できます。製品表面の『木目ライン色』の部分を狙って補修を行って下さい。設計施工資料379


<< | < | > | >>