内・外装材総合カタログ2018〜2019

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.377

接着剤一般部用金具押し込む一般部用金具スターター用金具KCセットモール[付柱ピラスターⅡ]施工方法付柱の施工は、下記手順に従って行って下さい。(斜方向の施工はできません。)縦方向に施工する場合は軒天井まで張り上げて下さい。施工キット梱包内容一般部用金具スターター用金具バックアップ材固定用ねじ接着剤取扱説明書909011410870195270194個入52.51個入81個入12本入50ml1枚入施工手順❺❻接着剤の塗布下図のように、一般部用金具に付属の接着剤を塗布して下さい。塗布量は金具1個当たり10g程度として下さい。付柱本体の取り付け付柱本体をスターター用金具にのせ、一般部用金具にあてがった後、付柱表面側を手で押し、一般部用金具にはめ込んで下さい。1201206060❶下地・一般部用金具およびスターター金具は、必ず柱(W=90mm以上)のある位置に固定して下さい。・下地の無い場合は、W=90mm以上の下地を必ず設けて下さい。・外壁材・モルタル・胴縁のみで保持しないで下さい。❷墨出し線右の図のように付柱本体の取り付け位置に墨出し線(中心線)を引いて下さい。墨出し線設計施工資料エンドキャップ(別売)の取り付け付柱本体の木口面が目立つ箇所には、専用エンドキャップをエンドキャップに同梱の接着剤(2液型)で接着して下さい。1)A剤B剤2)接着剤※付柱本体を一般部用金具にはめ込んだ後に外さないで下さい。外すと付柱本体が破損したり、一般部用金具が変形する恐れがあります。付柱本体上下接合部の納め方・シーリングの打ち方P404を参照して下さい。❸スターター用金具の留め付け付柱本体の下端がくる位置にスターター用金具を固定して下さい。固定するときは墨出し線にスターター用金具のV溝を合わせて、付属の固定用ねじ2本で固定して下さい。スターター用金具固定用ねじ付柱本体付柱本体下端位置スターター用金具❼❽固定用ねじスターター用金具付柱下端養生テープは、夏場で2時間、冬場で6時間以上経過した後はがして下さい。※エンドキャップ下部のシーリング材処理は不要です。付柱本体養生テープ一般部用金具スターター用金具3771)接着剤は、ねり板上でA剤・B剤を同量出し、混合ヘラでよく混合して下さい。2)混合した接着剤は、付柱本体の下端木口面とエンドキャップが接する面に塗布して下さい。接着剤があふれない程度に塗布して下さい)3)混合後、夏場で30分以内、冬場で80分以内に塗布し貼り合わせて下さい。エンドキャップ3)付柱本体の下端木口面に木口用シーラー(別売)を塗布し、乾燥後エンドキャップを本体の溝底面とエンドキャップの面(つら)が合うように接着して下さい。(接着剤が硬化するまで、養生テープ等でエンドキャップを固定して下さい。)1000mm以下墨出し線一般部用金具※ビス留め位置❹一般部用金具の留め付け一般部用金具の留め付けは、◇型穴を墨出し線に合わせて、付属のねじ2本で固定して下さい。金具のピッチは1000mm以下として下さい。(製品長さ3030mmに対して4個使用します。)


<< | < | > | >>