内・外装材総合カタログ2018〜2019

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.373

設計施工資料373フリーサイズのエンドパネルの施工について1.軒の出寸法に合わせて破線①の位置でカッ卜して下さい。2.鼻隠し側の破風板の幅になるように屋根勾配に合わせて破線②の位置でカットして下さい。3.破線②から破風板の幅だけ離れた平行線③とエンドパネルが重なる点bに印を付けて下さい。4.工ンドパネルの辺ABと破線②の交点aを中心とする半径abの円を書いて下さい。5.その円と破線②の交点b'と点bを結ぶ線④でエンドパネルをカットして下さい。6.エンドパネルに接する切妻側の破風板は下の図のようにエンドパネルの角度に合わせてカットして下さい。●フリーサイズエンドパネルの加工は、以下のようにカットして納めて下さい。破風板の幅点bA点aB点b'軒の出寸法破風板の幅三角エンドパネル用平板の施工について三角エンドパネルの加工この三角エンドパネル用平板からは、最大で750×440mmの三角形が加工できます。・切断・・・防塵タイプの電動丸鋸(切断刃はダイヤモンドチップソー)をご使用下さい。・切断方法・・・以下の手順に従って加工して下さい。①三角エンドパネル用平板を、勾配にあわせてカットして下さい。②下端寸法にあわせてカットして下さい。750②①施工上のご注意・釘打ち前に、必ずドリルで先孔(φ3.4〜4.0mm)をあけて留め・釘は本体の端部から30mm以上離して留め付けて下さい。・シーリング処理する部分には、プライマ-を塗布して下さい。付けて下さい。カラー品の補修・シーリング処理しない切断木口面には、必ず補修塗料を十分に塗布して下さい。シーリング処理する切断木口面には、プライマ-を塗布して下さい。・補修塗料の使用条件についてはP395をご参照下さい。440プライマ-タッチアップ下端寸法※下端寸法が750mm以上の場合は、下図のように2枚を合わせて対応して下さい。シーリング(目地幅10mm)A750Bα※斜線部分は切断面●三角エンドパネル使用例破風板シーリング※パーツAとBを組み合わせて、750mm以上の長さにして下さい。※A,Bの接合部は、施工時にシーリング処理して下さい。軒天井ボード三角エンドパネル


<< | < | > | >>