内・外装材総合カタログ2018〜2019

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.338

DRESSE〈ドレッセ〉1時間耐火構造納まり図(横張り通気金具工法)FP060NE-0235(1)断熱材なしFP060NE-0235(2)断熱材あり開口部DRESSE防水紙防水テープ断熱材あり又はなし強化せっこうボード(t=15mm×2)※3パテ埋め※1耐火鉄骨用ビスφ5×80mmスペーサー(t=15mm)30以上10以下30以上サッシシーリング材片ハットジョイナー※2パテ埋め片ハットジョイナー10以下30以上シーリング材※1耐火鉄骨用ビスφ5×80mmスペーサー(t=15mm)サッシDRESSE防水紙強化せっこうボード(t=15mm×2)防水テープ断熱材あり又はなし※下地鉄骨胴縁はC-100×50×20、サッシは鉄骨造用外付けサッシを使用した場合の納まり図です。サイディング表面からのサッシ下部の水切りの出が30㎜確保できない場合は皿板を取り付けて下さい。外額縁を使用する場合は、サイディング表面からの出が30㎜以上になるように外額縁を選定して下さい。※1※2サイディングにφ4.0㎜の先孔をあけ座掘りした後、L=80㎜のねじを用いて留め付けて下さい。ステンレスビスは、以下の方法でパテ埋めして下さい。①補修用パテでねじ頭を埋めて下さい。(シーリング材は、薄膜劣化及び汚れの原因になりますので使用しないで下さい。)②補修用パテが乾燥した後、補修用パテ部上に木口用シーラーを塗布し、シーラー乾燥後、補修塗料を塗布して下さい。納まり図※下地鉄骨胴縁はC-100×50×20、サッシは鉄骨造用外付けサッシを使用した場合の納まり図です。※1※2サイディングにφ4.0㎜の先孔をあけ座掘りした後、L=80㎜のねじを用いて留め付けて下さい。ステンレスビスは、以下の方法でパテ埋めして下さい。①補修用パテでねじ頭を埋めて下さい。(シーリング材は、薄膜劣化及び汚れの原因になりますので使用しないで下さい。)②補修用パテが乾燥した後、補修用パテ部上に木口用シーラーを塗布し、シーラー乾燥後、補修塗料を塗布して下さい。設計施工資料338


<< | < | > | >>