内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.324

図6切断例ED’DEE※切断木口は面取りを行った後、 補修を行って下さい。軒天井ボード施工仕様一般地域暴風地域及び軒の出が少ない積雪地域破風板裏面の軒天井ボード差込用溝の有無②のみ①及び②①及び②シーリング不要①のみ①及び②ありなし図10軒先部のシーリング処理注意点:積雪地域でご使用いただく場合は、破風板と接する軒天井ボード木口部に、必ず防水のための木口用シーラーまたは補修塗料を塗布して下さい。一般部軒天井ボード寸法一般部軒天井ボード寸法オザネ、面取り部オザネ、面取り部柄方向切断面軒天井ボードシーリング材破風板柄方向オザネ、面取り部910890910910一般部軒天ボード寸法一般部軒天ボード寸法DDDDD切断木口同士の突き付け合じゃくり合じゃくり調整部分890910910910910切断作業の際、多量の粉塵を吸入すると、健康を害する恐れがありますので、保護具を着用し、健康管理に十分に注意して下さい。表面柄に方向性がある場合、水平軒天のコーナー部は、平板を45°にカットしてご使用下さい。表面柄に方向性がない場合は、図6の2)のようにカットしてご使用下さい。突き付け面の切断木口は、面取りを行って下さい。切断シーリング処理は、以下の条件によって図10の①、②部に行って下さい。シーリング部の養生には、マスキングテープをご使用下さい。マスキングテープは貼り付け後、1日以内かつシーリング材が硬化しないうちに剥がして下さい。ガムテープのように粘着力の強いテープは使用しないで下さい。マスキングテープは勢いよく剥がさないで下さい。軒先部のシーリング処理4)表面柄に方向性が無く、長手方向サネ加工の場合 (エンボス14MM・12MM)1)表面柄に方向性がある場合2)表面柄に方向性がない場合①②設計施工資料324


<< | < | > | >>