内・外装材総合カタログ2018〜2019

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.321

設計施工資料●ベランダ・バルコニー(サイディングとの取り合い)笠木の壁当たり接合部はシーリング工事して下さい。サイディングとベランダとの取り合い部は捨て入隅、防水テープ等で十分に雨仕舞いを行って下さい。●バルコニー表側のサイディングとオーバーハング用水切の間は、入隅部の端から50mm程度シーリング工事して下さい。10mm笠木防水テープシーリング材サイディングバルコニー表側オーバーハング部用水切50mm壁当たり軒先部●下屋根軒先部では雨水が壁に伝わらないように雨押さえ板金を斜めに立ち上げるか、軒先にストッパーを取り付けて下さい。●軒先部は雨漏りが起こりやすい部位ですので必ず漏水防止のシーリング工事を行って下さい。開口部●サッシは原則として外付けタイプを使用して下さい。サイディング・金具の厚さを考慮してサイディングの表面よりサッシ枠が出るタイプを使用して下さい。)●サッシ下枠の水切は、サイディングの表面より30mm程度離して下さい。●水切の出が30mm程度確保できない場合は、皿板を取り付けて下さい。皿板はサイディングより30mm程度離し端部にストッパーを取り付けて下さい。特にストッパー・皿板の出がないと、サッシからの漏水および水垂れによりサイディングの汚れたり、結露水等にツララが付着して、塗膜の剥離や凍害が発生することがあります。●サッシの水切ツバの立ち上がり寸法は25mm以上のものを使用して下さい。●縦枠部および上枠部のシーリング工事は三角シーリングとせず、目地幅を10mm以下で設けて下さい。防水テープ片ハットジョイナーサッシシーリング材10mm以下防水紙D金具60通気構法用ストッパー(屋根施工者が行う)シーリング材下屋根部DRESSEサイディング笠木取り合い●サッシの接合部に防水を目的として挿入されているゴムパッキンの老朽化等により漏水することがありますので、シーリング工事して防水処理を完全に行って下さい。●パラペット・ベランダ・塀などの笠木を水平または、外壁側に勾配を取りますとサイディング表面に雨水が大量に流れ、汚れ・雨漏りの原因となります。笠木を取り付ける場合には、サイディングの表面と反対側に勾配を取ったり、サイディング表面に雨水が流れないように笠木を大きめに張り出すなどして下さい。●笠木の張り出しおよびサイディングのかぶり代は、30mm以上として下さい。●雨風の強い地域では、笠木とサイディングの取り合い部から雨水が吹き込み、雨漏りの原因となることがあります。十分にシーリング工事を行って下さい。(壁内の通気を妨げないで下さい。)窓雨水サッシ額縁ゴムパッキングシーリング材サッシ額縁30mm以上シーリング材30mm以上※耐火構造が必要ない部分には強化せっこうボードの施工は必要ありません。シーリング材321


<< | < | > | >>