内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.309

笠木部の納まり・木口部の処理について笠木部は外壁通気ができるように施工して下さい。サイディング胴縁空気の流れ空気の流れ空気の流れ笠木防水テープ胴縁サイディング空気の流れ笠木空気の流れ空気の流れ空気の流れ納まり詳細サイディング(金具部分のみ)防水テープ笠木胴縁(2枚重ね)防水シートサイディング切断した木口や縦張り施工品の下端木口などのシーリングを行わず露出する木口面は、必ず木口用シーラーを2回塗りして下さい。2回目の塗布は必ず1回目の塗布分が乾燥してから行って下さい。切断木口が見える場合は木口用シーラーを塗布し、乾燥してから補修塗料を塗布して下さい。木口部の処理について●塗布箇所例【土台部】【オーバーハング部】木口用シーラー2回塗り木口用シーラー塗布後補修塗料塗布※下屋根部・上下接合部・開口部などシーリング処理しない切断木口部も同様に塗布して下さい。切断木口・縦張木口切断木口・縦張木口切断木口が見える場合笠木部の納まり笠木用金具を通して通気する場合笠木下をサイディングで塞ぐ場合通気できない通気できる通気できる通気用隙間設計施工資料309


<< | < | > | >>