内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.306

縦張り通気金具工法(15MM高さ)の共通注意事項木造下地縦張り通気金具工法(15MM高さ)の注意事項鉄骨下地縦張り通気金具工法(15MM高さ)の注意事項D金具60通気構法用間柱土台水切 41縦・横張り通気構法用土台水切(BGK-F55□□□)縦張り通気構法用受け金具(BTK-D12)スターター部の金具15MMねじ留め用孔(Φ4.5)150MM40MM455MM455MM455MMサイディング防水紙間柱柱防水テープ606MM以下606MM以下サイディング防水紙防水テープC形鋼土台水切41縦・横張り通気構法用防水テープD金具60受け金具縦張り通気構法用約15MMステンレスビス19(BSBJ001)通気構法用サイディング防水紙●上下接合部(鉄骨下地)●上下接合部(木造下地)D金具60通気構法用縦張り通気構法用受け金具土台水切41縦・横張り通気構法用または補修塗料木口用シーラー(BSBJ001)ステンレスビス19C形鋼サイディング防水紙10∼1515 ステンレスビス35(BSBD001)D金具60通気構法用縦張り通気構法用受け金具縦・横張り通気構法用土台水切41木口用シーラー又は補修塗料サイディング防水紙10∼1515<縦張り通気構法用受け金具(BTK-D12)の製品図> 縦張り通気金具工法の注意事項縦張り通気構法用受け金具(BTK-D12)は、サイディングのジョイントごとに設置し、必ず別売のステンレスビス35(BSBD001)、2本で留め付けて下さい。(鉄骨下地の場合は、ステンレスビス19(BSBJ001)を使用して下さい。)鉛直方向の柱・間柱はサイディングの幅に合わせて455MM間隔で設置して下さい。(この間隔で設置しないとサイディングを割り付けできませんので必ず守って下さい。)サイディングの下端および上下接合部の下地は縦張り通気構法用受け金具(BTK-D12)とD金具60通気構法用が留め付けできるようにC形鋼2本並べるか、角パイプを設置して下さい。サイディングのオザネの先端が柱・間柱の芯にくるように割り付けて下さい。C形鋼は水平方向に606MM以下のピッチで設置して下さい。木口用シーラーまたは補修塗料の塗布箇所は、木造下地縦張り金具工法(5MM高さ)と同様です。ただし、上下接合部は、下側のサイディングの上端木口面に捨てシーリングをすると通気が妨げられるので行わないで下さい。上端木口面には、木口用シーラーを2回塗りして下さい。2回目の塗布は、1回目が乾燥してから行って下さい。切断木口が見える場合は木口用シーラーを塗布し、乾燥してから補修塗料を塗布して下さい。(詳細はP309参照)受け金具と土台水切は、下表の製品をご使用下さい。設計施工資料306


<< | < | > | >>