内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.293

防水紙は、必ず見切部以上、敷桁の高さまで立ち上げて下さい。防水の面から原則としてサイディングを先に施工して下さい。軒天井ボードを先に施工する場合は、サイディングを軒天見切に差し込んで施工するか、軒天井ボードとの接合部をシーリング工事して下さい。通気は軒裏または小屋裏に逃がすか、通気のできる軒天見切を使用して下さい。※自治体によっては通気軒天見切からの火炎の侵入を問題と する場合がありますので、各自治体の建築主事様にお問い合 わせ下さい。※防火構造以上は、捨てジョイナーを使用して下さい。軒天井部軒天井ボード施工先行(シーリング処理例)※バックアップ材シーリング材D金具60サイディング横胴縁防水紙軒天井ボード (現地調達)軒天井ボード施工先行(見切り材)D金具60サイディング横胴縁防水紙見切り材軒天井ボードサイディング施工先行横胴縁防水紙スペーサーシーリング材軒天井ボードバックアップ材D金具60サイディング(現地調達)設計施工資料293


<< | < | > | >>