内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.283

柱500MM以下間柱断熱材防水紙縦胴縁土台基礎土台水切サイディング出隅90MM程度ハットジョイナーシーリング材10MM程度※縦胴縁10MM程度※D金具60※1時間準耐火構造とする場合は10MM以下※1時間準耐火構造とする場合は10MM以下縦胴縁シーリング材10MM程度※片ハットジョイナーD金具6090MM程度補助桟捨て入隅縦胴縁縦胴縁30303030れ流の気空れ流の気空開口部通気を阻害しないように胴縁を配置して下さい。補強胴縁防水紙出隅部では「通し張り」も可「重ね張り」の場合は、左右両側とも柱の幅程度重ねる入隅部では「通し張り」せず、必ず「重ね張り」する重なり代は左右両側の柱(間柱)まで(耐力面材がある場合は150MM以上)開口部サイディングの仕上がりは、下地の状況により大きく左右されるので、下地の不陸、突出には十分注意して下さい。不陸は2MM以下に調整して下さい。ただし隣り合う胴縁は段差をなくして下さい。開口部周辺、出入隅部には胴縁を入れ、役物・サイディングを確実に留め付けて下さい。特に入隅部には補助桟を設置してから胴縁を固定して下さい。開口部上下でサイディングの割り付け幅が100MM以下となる場合は補強胴縁を取り付けて下さい。開口部廻りの胴縁には必ず30MMの隙間を設け、壁内部の換気ができるようにして下さい。設計施工資料283


<< | < | > | >>