内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.281

庇、下屋根との取り合い部は、10MM程度の隙間をあけて下さい。サイディングの切断木口面に必ず木口用シーラーを2回塗りして下さい。2回目の塗布は、1回目が乾燥してから行って下さい。切断木口が見える場合は木口用シーラーを塗布し、乾燥してから補修塗料を塗布して下さい。ただし、横張り施工において、隙間から雨・雪の入り込む恐れのある場合は、妻側の庇、下屋根との取り合い部に接するサイディングの切断木口面にバックアップ材(小丸棒)を差し込み、シーリング材を充填して下さい。DRESSE〈ドレッセ〉は、中空構造となっているため、中空孔内を雨水が走る場合があります。雨仕舞は十分に注意して下さい。樋支持金物の取り付けは、柱・間柱上で胴縁など下地のある場所、かつサイディングの目地(ジョイント部)およびシーリング目地部、サイディングの目地を避けた位置に先孔をあけて金物を打ち込んで下さい。樋支持金物を打ち込んだサイディング周囲にはシーリング材を充填して雨仕舞いを行って下さい。配管工事は支持材を使用し、サイディングに直接密着させて施工しないで下さい。支持材はサイディングの目地を避けた位置に先孔をあけて取り付け、取り付け部周囲にはシーリング材を充填して下さい。電気、電話線がサイディングを貫通する場合もシーリング材を充填して下さい。庇、下屋根との取り合い部のサイディング下端は、直線になるように施工して下さい。勾配のある庇については勾配部分の端部に水返しを入れ、かつ、漏水防止のシーリング工事を行って下さい。庇、下屋根との取り合い部は、雨押さえ板金との立ち上がりを60MM以上として下さい。(公庫仕様については、屋根材によって120MM以上必要なことがありますので注意して下さい)庇・下屋根との取り合い部樋支持金物等の付属部材の取り付けシーリング材サイディングバックアップ材(現地調達)シーリング材10MM程度防水紙防水テープ雨押さえ板金胴縁スペーサーシーリング材樋支持金物ステンレスリングくぎ防水紙目地ジョイナー隅柱(105×105)縦樋控金具打ち込み型先孔をあけて金物を打ち込み後、シーリング処理1040∼5010同質出隅設備機器などは、補強材をあらかじめ施工し、その補強材に取り付けて下さい。サイディング胴縁支持材配管10MM程度60MM以上雨押さえ板金シーリング材庇防水紙胴縁設計施工資料281


<< | < | > | >>