内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.273

シリコーンシーリングシリコーンシーリング開口部廻りの切り欠き部の切り込み長さが、板幅の1/2を超える場合は切り欠いた状態で施工しないで下さい。クラックなどの原因となりますので、必ず切断してシーリング目地を設けて下さい。切断した木口や縦張り施工品の下端木口などのシーリングを行わず露出する木口を、そのままにしておくとクラックが発生する原因となります。必ず木口用シーラーを2回塗りして下さい。2回目の塗布は1回目が乾燥してから行って下さい。切断木口が見える部分は木口用シーラーを塗布し乾燥後、補修塗料を塗布して下さい。窓木口部未処理サイディング縦張り上下接合部サイディング横張り上下接合部ねじサイディング短いねじ後付け部材ねじが下地や胴縁に届いていないサイディングの上下接合部をまたいで幕板を施工しないで下さい。後付け部材をサイディングにのみ保持させるとサイディングの割れや後付け部材の脱落の原因となります。シリコーン系シーリング材はサイディングの汚れの原因となりますので、後付けの設備機器等のサイディングとの取リ合い部およびサイディング表面にかかる部分には使用しないで下さい。弊社純正または推奨シーリング材をご使用下さい。経時によりシーリング材の薄膜劣化が起こり、白化する事がありますのでシーリング材による釘・ねじ頭の補修はしないで下さい。ベランダの床等、直接荷重のかかる場所への施工はしないで下さい。内付けサッシを使用すると雨漏りや凍害の原因となりますので使用しないで下さい。内付けサッシの使用直接荷量のかかる場所への施工シリコーン系シーリング材の使用切り欠き部・小幅物の施工切断木口や縦張り施工品の下端木口未処理サイデイングの上下接合部をまたいでの幕板の施工後付け部材のサイディングへの保持設計施工資料273


<< | < | > | >>