内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.272

縦張り横張り90未満90未満胴縁次のような建物および部位にサイディングを用いる場合は、特別の配慮が必要ですので一般的な施工での使用はおやめ下さい施工上の禁止事項下地材の幅が90MM未満の場合は、釘またはねじの留め付け時、板端部からの距離が不足して割れなどの原因となります。タイルが割れたり、はく離することがあります。(特殊な仕様で、タイル張り施工などをする場合は、弊社営業所にお問い合わせ下さい。)塗膜の厚い塗料は密着強度不足のために剥離などの原因となりますので塗布しないで下さい。(特殊な仕様で、厚塗り施工などの場合は、弊社営業所にお問い合わせ下さい。)シーリング工事前にプライマー塗布を行わないと、シーリング切れの原因となりますので必ずプライマー塗布を行ってからシーリング工事を行って下さい。サイディング裏面及び内部側の結露の原因となりますので使用しないで下さい。雨に濡れて吸水した板は施工後、乾燥して縮み、目すき、割れ、反り、変形の原因となったり、塗膜剥離や白化、シーリング部の目地切れの原因にもなります。また、濡れた下地に施工しないで下さい。雨天時等、湿度が80%以上のときや、外気温5°C以下、または被着面の温度が50°C以上の場合は、接着不良や発泡等の不具合が起きるので工事しないで下さい。直留めは、通常通気構法になりません。鉄骨へのサイディング直留めは、留め付け部に「遊び」がないため、鉄骨の挙動を吸収できず、サイディング留め付け部が破損することがあります。下地幅90MM未満での接合部の施工タイル等のサイディングへの直張り塗膜の厚いセメントスタッコ等の施工プライマー無しのシーリング工事換気ロのない無落雪屋根へのパラペット雨に濡れた板の施工・濡れた下地への施工雨天時及び5℃以下でのシーリング・塗装鉄骨への直留め設計施工資料272


<< | < | > | >>