内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.271

縦張り施工品上下左右突付け透湿性の少ない防水紙への突付け中間水切サッシ外面の伝い水などにより、サッシ両端部の窯業系サイディングが汚れたり、積雪地域などではサイディング面に氷着して凍害などの原因になります。サッシ下端に窯業系サイディング表面よりも30MM以上突き出た水切を使用して下さい。なお、水切の両端に水返しを設けて下さい。サイディング横胴縁留付金具サイディングの縦張り製品を横張りに施工すると合じゃくり部に水がたまりやすくなり、凍害・雨漏り等の原因となりますので行わないで下さい。サイディングの施工後に取り付けると、壁体内に湿気が入る構造になりやすく、結露・雨漏り・凍害の原因となります。換気フードは、サイディング施工前に取り付けて下さい。縦張り用窯業系サイディングを横に張る施工サイディングの斜め張り施工接合部の突き付け施工外勾配の笠木の使用透湿性の少ない防水紙での施工受け金具無しの縦張り施工サイディングを斜めに張る施工は、シーリングの工事不良・雨仕舞いの悪さから、雨漏りの原因となりますので行わないで下さい。サイディングを突き付け施工すると雨漏りや凍害の原因となります。また、中間水切へのサイディングの突付けは毛細管現象により吸水し、凍害など不具合の原因になりますので行わないで下さい。パラペット・ベランダ・塀などの笠木を水平または、外壁に勾配を取りますとサイディング表面に雨水が大量に流れ、汚れ・雨漏りの原因となります。透湿性の少ない塩ビフィルム等を張ると結露、凍害、カビの原因となりますので避けて下さい。透湿防水シートをご使用下さい。受け金具を使わずに縦張り施工するとサイディングの脱落の原因となります。窯業系サイデイング施工後に換気口の取り付けサッシ下部の水切り無し施工後付け不可設計施工資料271


<< | < | > | >>