内・外装材総合カタログ2017~2018

一般住宅・店舗・高層ビル・病院・工場など用途に応じた建材ニーズを的確にとらえ、窯業系建材の不燃外装材(外壁材)、不燃内装材(内壁材)、耐火パネル、 木造耐火用指定部材等を一貫生産。高度な機能付加で各業界からは高い評価を受けています。


>> P.243

■仕 様■換気スペーサー(以下スペーサー)の使用方法■換気隙間の確認方法1.材質・塗装(1)本体(一般地仕様)…………材 質:塗装溶融亜鉛-6%アルミニウム-3%マグネシウム合金めっき鋼板 板厚0.6MM     (2)役物(一般地仕様)…………材 質:(1)本体と同じ(斜め止め金具と軒無金具は冷間圧延ステンレス鋼板)2.表面色・・・・・ホワイト、シルク、ライトブラウン、ミディアムブラウン、ブラウンの5色3.有効換気面積・・・・・100CM2/M【準耐火45分本体断面】【準耐火30分・非防火本体断面】■軒天井ボード厚さ14MM対応軒天井ボード厚さ12MM対応【準耐火30分・非防火本体断面】@45556.229.5315.511.2取付穴4.5×6(9.8)10.610.6313335.23(11.8)10.610.656.215.511.229.5335.23(11.8)10.610.656.215.511.229.5@455取付孔4.5×6@455取付孔4.5×6特殊発泡材スペーサーは、軒天材の施工において、換気隙間(軒天材と見切縁との隙間)を適正にするため使用して下さい。印印はこの位置から見切縁本体側にあれば○軒天材印はこの位置より出ていると×(1)軒天材端より43MMの位置に印をつけます。(2)スペーサーを付けた状態で、印が見切縁本体側に あることを確認します。スペーサー軒天材見切縁本体A:換気隙間≒11MM・換気隙間(上図A)は必ず10∼13MMにして下さい。・軒天材に印をつけておくことにより、換気隙間が所定寸法に納まっているかどうか確認ができます。(左図参照)・換気スペーサーは軒無し用金具として使用できません。43MM印軒天材スペーサー軒天材手順①軒天材にスペーサーを奥まで差し込む。手順②軒天材を、図のようにスペーサーが見切縁本体に当たるように差し込む。※軒天材1枚当たり2箇所(両端付近) にスペーサーを差し込みます。見切縁本体軒天井用換気材243


<< | < | > | >>